2014年06月30日

体調最悪

相変わらずな天気ですな。気持ちよくすごしたい

旅行に行こうかなぁ。久しぶりに満喫してきたいなぁ。どこがいいかな。九州あたりでも行こうかな。

伊勢海老が食べたいなぁ。食べたいけど、高い。新鮮なところが近くにあればなぁ。

子供部屋、小さなうちは同じ部屋に二人一緒でよかったけど・・・
大きくなって一部屋を2つに分けるリフォームの必要が出てきました。

廊下側に出入り口を2つ確保します。そして部屋の真ん中には仕切るような家具を置きます。
部屋は左右に分かれてベッドが上段下段になり、相手のベッドは見えないよう壁がある。
ベッドの下には家具の奥行き半分ずつの引き出しをつけてみます。
いわゆる間仕切り家具というものでベッドだけでなくクローゼットもあります。

一戸建ての場合は天井裏も有効に使えるので、ロフトをつくることもできます。
そしてロフトにリフォームしたところはベッドになったりします。
一部屋を壁で2つに分け、壁に本棚を設置できたりして案外部屋が広く思えます。
6畳の部屋でもコレで十分使えることでしょう。
しかし天井裏をロフトにした場合は夏場とても暑いようなので空調と断熱に気をつけないといけないようです。

同性の兄弟の場合は完全に壁を作って部屋を分けなくてもいい場合もありますね。
壁を作らなくてもベッドと勉強机、本棚などが一緒になっている家具を使って部屋を仕切ったりする方法もあります。
機能性家具という家具です。
カーテンで仕切れば二部屋になりますね。兄弟姉妹の好み、年齢などで色々と考えられますね。

完全個室にリフォームするのか、兄弟姉妹で仲良く使うようにリフォームするのか各家庭でいろいろですね。
家の状態(一戸建て、マンションなど)にもよりますしね。
子供が家を出て巣立った時のことも考えたり・・・
素敵な部屋にリフォームできるといいですね。

おすすめ
posted by たそがれ at 06:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

酒におぼれそう

芸能人の離婚って多いですね。結婚って一体なんなんでしょうね。

旅行に行こうかなぁ。久しぶりに満喫してきたいなぁ。どこがいいかな。九州あたりでも行こうかな。

カニが食べたいなぁ。どうしても食べたいけど、高い。あと新鮮なところで食べたいよね。

母子家庭のみならず、働く親にとって大きな存在なのが放課後児童クラブです。
働く親はお昼には家にいないことが多かったり、学校が終わる時間はまだ仕事をしていたりと子供が家に帰る時間に家にいることができません。
そんな働く親のために各自治体が行っているのが放課後児童クラブです。

このクラブは放課後から夕方までの時間、専任の指導員と一緒に過ごします。
学校とは違い、遊んだり勉強したりして過ごす保育施設になります。
同じ学区内であれば、どこの放課後児童クラブに通ってもいいのです。
このクラブに通うことのできる子供の条件は小学校に通っている子どもということです。
そして母子家庭で母親が働いていたり、共働きであったりと親が働いていることが条件になります。
子供の年齢ですが、自治体によって異なります。
小学校3年生までというところもあれば、6年生まで大丈夫というところもあります。

基本的には平日だけではありますが、土曜日も開いている所もあります。
ただ働く親にとっては夏休みや冬休みはありません。
そのため夏休みや冬休みもこのクラブは開いているところがほとんどです。
1日の時間は勉強や遊び、掃除といった集団生活を送ります。
お昼などは親がお弁当を作ってあげるのです。

この放課後児童クラブの費用は自治体によってかなり異なります。
そして夏休みなどの長期休暇は別途料金が発生する場合が多く、通常の期間より少し割高です。
料金は母子家庭の場合は少し割引してくれる自治体も多いです。

このサイト
posted by たそがれ at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。